目次
ブログ内を検索
にほんブログ村リンク
にほんブログ村 バイクブログ モタードへ
にほんブログ村
α13SPを購入(Amazon)
最近の記事
バイカー御用達(Amazon)
バイカー御用達(Amazon)
バイカー御用達(Amazon)
バイカー御用達(Amazon)
バイカー御用達(Amazon)
バイカー御用達(Amazon)
バイカー御用達(Amazon)
最近のコメント
  • 夏〜秋のモタードライフ
    gottini (01/07)
  • 夏〜秋のモタードライフ
    basix (01/05)
  • 夏〜秋のモタードライフ
    gottini (12/13)
  • 夏〜秋のモタードライフ
    udatu (12/13)
  • ネックプロテクターの補修カスタム(リアットブレースST-X)
    gottini (12/11)
  • ネックプロテクターの補修カスタム(リアットブレースST-X)
    タニオ (09/26)
  • 早朝峠散歩からサーキット走行へ(袖ヶ浦フォレストレースウェイ)
    gottini (06/20)
  • 早朝峠散歩からサーキット走行へ(袖ヶ浦フォレストレースウェイ)
    ムーさん (06/18)
  • 早朝峠散歩からサーキット走行へ(袖ヶ浦フォレストレースウェイ)
    gottini (04/24)
  • 早朝峠散歩からサーキット走行へ(袖ヶ浦フォレストレースウェイ)
    タニオ (04/23)
管理者について
おすすめリンク
モバイル
qrcode
RSSATOM
スポークホイールのチューブレス化(S20EVO)

モタード_袖ヶ浦フォレストレースウェイ_2014年4月11日_9

このBT-090ばかり使って早3年、そろそろ違う最新のタイヤを履いてみたくなった。
そのためにはチューブレスタイヤを履けるよう、仕様変更する必要がある。

キャストホイール化も考えたが、ダートを疾走る可能性を残しておくことと
スポークホイールでできることは、全てやることを考慮した結果
「チューブレス化」して、S20EVOのHレンジを履くことに。

モタード_チューブレス化1

周囲では主に、コース走行するSSで履いている人が多い、このタイヤ。
Zレンジではケース剛性が高いそうだが、このHレンジはそういう感じはない。

溝の深さはBT-090よりも圧倒的に深く、見た目お得っぽい(長持ちするか?)。

モタード_チューブレス化2

今回は純正のスポークホイール(チューブ)に、OUTEXのチューブレスキット
組み込み、ビートシーラー塗布してショップにてチューブレス化。

空気圧を3キロほど入れて1日半放置し、その後2.2キロまで空気圧を落とす。
ショップのアドバイスもあり、今後空気圧は街乗り2.3キロでしばらく試す。

袖ヶ浦フォレストを始めとするコース走行での空気圧は、ゼロからの手探り。

モタード_チューブレス化3

前後のホイールからチューブが無くなり、約1kgほど軽量になっただけだが
ハンドリングは、さらにスパスパ切れるようになった

明日は箱根スカイラインで、しばし皮むき&峠での走行インプレ

posted by: gottini | バイカーの装備 | 20:15 | comments(0) | trackbacks(0) |









この記事のトラックバックURL
http://3mai.me/trackback/141
トラックバック