実光院を出て宝泉院に向かう途中にふと見ると、整った庭が手前に
その奥に立派な本堂がある寺院があるのに気づく。

WR250X_滋賀京都ツーリング35

周囲の人はほとんど素通りして宝泉院に行くが、気になったので立ち寄ってみた。
結果的に、ここが大原でのベストスポットと感じることに。


WR250X_滋賀京都ツーリング37


ここ勝林院を、IS04のWikiアプリで調べると、声明の道場であったとのこと。

WR250X_滋賀京都ツーリング37

境内脇に腰かけて庭を眺めていると、そばを流れている小川から
カジカガエルの良い音色の二重奏が聞こえてくる。

本堂からほのかな香の香りが流れてきて、なんとも言えない穏やかな気分に。

WR250X_滋賀京都ツーリング38

本堂に上がってみることに。入り口付近に「上を見ろ」との張り紙が。

WR250X_滋賀京都ツーリング39

見上げると、あちこちに見事な彫刻の装飾。

WR250X_滋賀京都ツーリング40

欄間にも、ハイスペックな職人が作った見事な彫刻が、一面に装飾されている。
めでたい図柄で、とくに人の表情の描写が見事。

WR250X_滋賀京都ツーリング41

2年前に一部レストアされたようだが、まったく外観からは分からなかった。

WR250X_滋賀京都ツーリング42

本尊はいうまでもないが、両脇を固める毘沙門天と不動明王が、また見事。

個人的なヒットは、左脇にあったスイッチ。
押すと3分間、声明が流れます」と書かれてあったので、誰も押していなかったが
勇気を出して押してみると...。

辺りの空気感が一変し、堂内に響き渡る声明の音色と空間の一体感がハンパない。
しばし「穏やかなハイ気分」を味わう。

WR250X_滋賀京都ツーリング43

着ている弐国堂のメッシュジャケットの刺繍柄は、毘沙門天と不動明王から
インスパイアされていることを再確認して、次の宝泉堂へ向かう。