週末のワインディングやサーキット走行での、走行性能の高さは実感しているので
あらためてツーリング用途から見たWR250XインプレQ&A。

WR250X_滋賀京都ツーリング14

実燃費など4日間にわたって、毎日長時間乗ったことで、あらためて分かることも。

数字はすべて参考値。
燃費の数値は、運転スタイルによって左右されます。


------------------------------------------------------------
【WR250Xは、満タンでどれくらい走れるのか?】

今回の早朝ツーリングでは、ビーナスライン降りきったところでガス欠。
ふもとから諏訪インターチェンジ付近まで、約4キロ押した。

一般道30キロ(4速中心)+高速150キロ(法定速度+α)+
ワインディング走行70キロ(元気よくEg廻し)合わせて、
満タンで走れる距離は「250.8キロ」。

※最新のビーナスライン疾走り・燃費記録はコチラ(2013年6月9日追記)。
------------------------------------------------------------

2往復めは曇りながら、ほぼドライ

【WR250Xは、予備タンでどれくらい走れるのか?】

ビーナスラインを元気よく疾走って「約70キロ」(そしてガス欠...)。

東名高速でも時速85km/h前後で巡航して、予備タンマークが点灯した後
約60キロ走行し、残りのガスは約0.3~0.5リッターほど。
(点灯時の残容量は取説上で2.1リッター)
------------------------------------------------------------

WR250Xの燃費

【WR250Xは、高速でどれくらいの燃費なのか?】

時速85km/h前後で巡航して、比較的流れている中央道で
リッターあたり36キロ
同じく流れている東名高速で平均して、リッターあたり35キロ(向かい風)。

ちなみにカタログ値では、時速60km/hでの燃費がリッターあたり
34キロと明記されている。

【参考値】
ライダーの身長・体重は172センチ・63キロ。
使用オイルはワコーズ・プロステージS 10-40w。このツーリング出発前までに
 サーキット走行5回、ロングのワインディング走行3回、高速含めて約2000キロ走行。

------------------------------------------------------------

WR250X_伊豆箱根ツーリング2012年_9

【WR250Xは、街乗りで快適なのか?】


4速・60km/hでの走行が、パルス感が心地よい。
轍にさえ気をつけていれば、特に快適に走行できる。

サスは前後とも、標準設定よりもやや柔らかめにすることでキビキビ走行。

いっぽう渋滞などにはまると、とたんに電動ファンが回りだす(3~11月)。
右膝あたりが常に熱い。

街乗りでの燃費は時々、リッターあたり30キロを切ることも

------------------------------------------------------------

2011年9月19日の西伊豆スカイライン3

【WR250Xは、どれくらい荷物積めるのか?】

「WR名乗るのに、積載能力とか不要」と、開発陣は荷掛けフックも付けず。
よって、ノーマルは積載能力ゼロ。物をしまうスペースもゼロ。

ライダーがすべて背負うことに。
------------------------------------------------------------

WR250X_滋賀京都ツーリング21

【WR250Xは、長距離走行に耐えられるのか?】

まったく問題ないが、先に人間の方が耐えられなくなる。
ネットでも「▼木馬」と呼ばれているくらい、尻の痛みがくる

走行距離にして、120キロ前後が1つの目安。
自分の車両は逆輸入車なので、標準でハイシートが付いているが
ノーマルシートとの差は微々たるもの。

尻が痛くなったら、降りてしばし休憩するのが一番の解決方法。